マンションの設備 給水管更新 増圧ポンプ交換 マンショントラブル解決 東京のマンション管理士 マンションのコンサルタント

[一口メモ集]

給水管更新工事

国土交通省では給水管更新の時期を30年を目安に推奨しています。
しかし、これはあくまでも一般的な目安で各マンションの給水管の使用管材や、メンテナンスのやり方によっても差が出ます。新築時に配管のねじ部に錆止めをきちんと塗ってある配管は長持ちをしています。給水管のねじ部に錆止めを塗ってないと錆が促進させて、更新時期も早くなっております。給水管の更新時期を知るには抜管テストが一番解りやすい手段です。費用もそれほどかからないのと、管の断面、管の残存厚がよく解ります。費用は若い方の一カ月分の給料くらいです。
管理組合としては迷わず更新の判断材料に抜管テストを行うのが、ベストです。

2015.10.07

キッチンのリフォーム法

リフォームをするお使いのキッチンの不満を洗い出しましょう:カウンターの高さが合わなくて
腰が痛い、収納が狭い、作業スペースが狭い、色が気に入らない…

新しいキッチンにするときに改善したいこと:
流しの高さの調整をして貰う事で作業効率がよくなります。良いリフォームへの第一歩です。
キッチンで最も優先することは動きやすい動線の確保と調理台を広く取ることです。
また重要なことはガスコンロ及びIHヒーターの使いやすいものを選択して取り付ける事です。

2014.08.19

給水管の交換

1970年以前のマンションには SGP管(白ガス管)を使用していましたが、経年劣化で全体的に錆びてゆき、 赤水が発生していました。この状態では給水管内全てが赤錆に覆われやがて配管の破損等が起きやすくなります。
1980年頃になると、 SGP管(白ガス管)からほぼ現在の給水管であるビニールライニング鋼管に変更され使用されています。 直管部分の給水管はこのビニールライニング鋼管で、内部がコーティングされている為、錆は発生しません。 しかし、ビニールでコーティングされていない直管と直管を繋ぐ継手部(エルボ)に錆が発生していました。
ところが、継手の進化で「赤水」は起きにくくなった為に、給水管など配管の劣化が容易に確認することはできません。 確認の為抜管を行うのです。しばらく旅行などで家を空けているときには、 給水管にビニールライニング鋼管を使っている場合でも赤水が発生する事が多々あります。

給水管の交換は樹脂系が費用その他の面でメリットが多くあります。
給水管全部を交換しなくても部分交換ですむ方法もあります。
施工は予算に応じた方法がベストです。

2013.10.09

キッチンリフォーム

◎キッチンリフォームのポイントは機能性◎

毎日、料理する場所ですから、動線の確保によって動きやすく使いやすいキッチンが理想的です。
キッチンには大容量の収納も必要です。
人気のフラットレンジやIHヒーターとリフォームの理想は膨らんでゆきます。
エコ給湯もこれからの時代に必要です。

当社はお客様の要望にあったプランを作製致します。
INAX,TOTOどこのメーカーでも可能です。
あなたはオープンキッチンを御希望ですか、それともクローズキッチンですか。

2013.02.06

損して得のような?配管調査

いい業者と悪い業者の続きになりますが、皆様はマイクロスコープで、又抜管で調査資料をみせられあれこれ・・・・・・・・ 更新・更生をすすめられます。
マイクロスコープ(内視鏡)での写真の説明は権威のある医者からの説明のような気がしてついついいいなりに なっしまう方もいるようです。
いまや内視鏡は施工前の段階としては当たり前、無料サービスさえ行う業者もあります。 ただほど怖いものはないのが世の中ですがどうしてこうも、日本人はただに弱いのでしょうか。私ならすぐ疑ってかかります。
会社はただでは運営できないのです。会社の経費、社員の給料毎月大きいお金がでて行きます。 お金をだして調査を依頼されれば、頼まれた会社は調査だけでも原価は頂けるのですから、真実の提案ができます。

まづ隗より始めよで調査が先決でそれ以降また検討していけばいいのです。

2011.06.07

良い業者、悪い業者

いい業者と悪い業者の見分けがつく方がいるでしょうか。
良い業者とは親切かつ、お金が最小限の予算で提案をしてくれる業者です。 安ければいいものではなく、そこには耐久性と、経済性能を上手にマッチさせる事がお客様にとって重要な事でもあります。
この提案を理解できるかどうかは、各業者の技術と提案力の差が歴然とでて参ります。
悪い業者は大方が訪問販売で営業マンを使用した手法を、とるケースが多々あります。 自信にみちあふれ、歯切れよく私を信用して是非お試しください。・・・・・・
日本人はこのセリフに弱いですね。特に給水ポンプは値が張りますので注意して決めましょう。
最近では福島原発で放射能のシーベルトの話は、とんでもない被害で孫子の時代まで暗くなる話が多いです。

多摩プランニングの主は衛生工事で日本最古といわれる会社で教育を受けました。
技術、接客共、とにかく良いものを提供これが教育の根本となっております。現状を工夫して再利用がこれからのスタイルです。
まずは電話でご相談下さい。勿論無料で対応させて頂きます。

2011.05.24

 ページ先頭へ戻る
セパレータ

施工のポイント

ビル工事や、ちょっとした建物でよく見受ける工事風景ですが、それは、なんで中途半端なところで、工事がストップしているのだろうという疑問です。 理由は材料の不足か、間違って別の材料のが、入ってくるケースが多々あるからです。施工前はきちっと現場調査を行い、 一回の材料で済むように発注するのが、いい仕事に結びつける要因です。
材料が不足すると、経験のある職人さんは、材料を加工して間に合わせる技術を身につけております。でもこれはお薦めできません。
背広をかけはぎで、修正したようなもので、お客様にはわかりませんが、技術屋のはしくれとしては、最初はきちっとしたものをお渡ししたいと考えます。

2010.08.19

増圧ポンプ

最近はすっかりこの言葉が定着してきました。
ビルオーナーはじめ、マンションの理事さん方も抵抗なく知っておられます。
まだまだメーカーが安くしてくれないので少しは高く感じておられると思いますが、初期の出始めと比較するなら、値段は確実に半分になっております。 交換の目安は、2台あるポンプのうち、1台が故障したら、一番いい効率で交換できます。加圧ポンプは通常2台設置されるケースが多いです。

2010.06.10

師走

いよいよ師走に入ろうとしています。好むと好まざるが暦は待ってくれません。
今年も大事な人を失いました。人の世の切なさと、己の無力さを改めて知らされます。
景気は悪いのだが、政治の仕組みはよくなろうとしています。改めて、日本航空問題、ダム問題ですが、 もうとっくに解決していなければいけない問題なのに、未だごちゃごちゃやっている。日航がつぶれたら、 企業年金もあったもんじゃないのだが、皆未練たっぷりが日本人の性格か。
世界は狭くなり、企業間のM&Aも頻繁となり、どんどん進化していかなければ、海外の企業に吸収されてしまう時代です。

マンションも建て替えの時代に入るといっていたのは、旧建設省だが、もはや少子高齢化で部屋は過剰気味、 リフォームの時代に入ったといっても過言ではないでしょうか。
御近所の壁クロス会社も新しい工法で仕事を取っています。まさに時代の転換期がやってきました。上記壁クロスの件はリンクをお開き下さい。

2009.11.24

二大政党

いよいよ明日から鳩山内閣のスタートです。
国民はどのような目で見ているでしょうか。案外冷めためで見ているような気がしております。
今までの政治のありかたを官僚支配から脱すると言ってのスタートですが、自民党も選挙で負けたことを根に持っていてはいけません。 ここは大きい気持ちで構えて二番目の政党として、次期政権を奪取する気持ちで頑張ってほしいものです。
誰が大臣になっても、マスコミも批判するのではなく、期待することを、書いて応援してほしいものです。

2009.09.15

タバコと禁煙

思い切って禁煙をしました。
思えば18歳の時から吸い始めて41年の間、大学生になりカッコツケで吸い始め本気でやめようと思ったのがつい最近の5月5日でした。
あれから一月半まだ正直未練があります。しかし、百害あって一利もないのでは、やめたほうが利口の結論に達しました。
どこにいっても肩身の狭い思いをしてまで吸わなければならないなんて、おかしい世の中になりました。時代が変化したのですね。
小沢一郎さんでないですが、自分も変わらなくちゃ、どんどん世の中から、遅れそうです。

2009.06.26

NHK大河ドラマ

私が初めてNHKの大河ドラマを連続してみたのは、かなり昔ですが、大仏次郎の赤穂浪士でした。
テーマ音楽がなんともいえず今でも気に入っております。
昨年は7月から篤姫を観ました。今年はずっと観ようかなと思っております。

2009.01.19

 ページ先頭へ戻る
セパレータ

日本とアメリカ

支配されていて、ニューヨークの株が翌日東証にふりかかってまいります。
現首相も最初カッコがよかたのですが、最近はしりつぼみになってきております。 師走に入り正月が近いのでこの辺で明るくなるニュースが欲しい気がする此のごろです。 時期大統領オバマサンに期待したいものです。

2008.12.03

マンションの購入

アメリカのサブプライム問題から、日本の株価が大下がりで、不動産株も軒並み下値を更新しています。 マンション購入者にとってはもう少したった頃が底値で購入できそうですね。でも、こればかりは誰もわからなく、 神のみぞ知るの境地で筆者が勝手に思っているだけかも知りません。
しかし、マンション業者は手持ちの物件を処分しなくては資金ぐりの関係で苦しいでしょう。
購入者は色々な物件を探索して購入した方が賢明です。しかし欲をかくとあの時が底値だったになりかねませんが。

2008.10.21

大相撲、自民党総裁

総裁候補問題で大騒ぎ。
どちらも国民にとって大騒ぎする程重要性はないと思うが・・・
マスコミは騒ぎ立てるなら、何が重要か論点をキチント、国民に知らせ、問いかけるべきだが、悪戯に週刊誌レベルになって騒いでいる気がしてならない。
国民が求めているのは、相撲協会の清浄、衆議院の解散ではないのか。

2008/9/05

マンショントラブル

居住者間のマナーのトラブル、建物の不具合、管理費滞納がベスト3だそうです。
建物、設備は資産価値でかなり重要です。早めに手当をしましょう。
電話でお気軽に声掛けてください。無料で相談に乗ります。 有料の時はその場で連絡しますのでご安心ください。まずはご一報ください。

2008.06.11

空気清浄機

先日品川のあるビルに呼ばれて行ってきました。 交通の多い通りに面して空気が悪いので換気扇をまわすと余計汚い外気がはいってくると、相当悩んでました。
外気取り入れとその清浄する設計をして後日図面と見積書をおいてきました。車社会になって私たちの肺の中は一体どうなっていくのでしょうか。 せめて家の中では空気清浄機を入れなければいけない時代なんでしょうね。

2008.03.24

消化器官のオーバーホール

体にたとえるなら設備、電気は内臓にあたるもので時々は気を使って検査が必要です。悪いところは直し部品の交換又は、オーバーホールが望ましいですね。

2008.01.20

謹賀新年

新年おめでとうございます。
昨年は当ホームページにお越しいただきまして有り難うございます。
お蔭様で沢山の方とお知り合いになることができました。昨年同様本年も宜しくお願い致します。仕事始めは1月7日より営業いたします。

2008.01.01

酷暑の記憶も遠のき、紅葉の便りにようやく季節の変化を感じる今日この頃… などと思っていたら、早くもインフルエンザの兆し、都内公立校ではすでに学級閉鎖。乾燥の時季、また加湿器のお世話になりそうですが、室内の加湿のしすぎは結露の原因にもなります。何事もほどほどは難しいですね。

2007.11.04

 ページ先頭へ戻る
セパレータ

高校野球

甲子園も終わり秋が目の前までやってきてるこのごろです。でも暑さは当分続きそうですが・・・
今年は佐賀北高校が見事に栄冠を勝ち取りました。選手一丸となってピンチのあとのチャンスを見事に つかみとったのが勝因ではないかと考えます。
ピンチのあとは必ずチャンスを神様は与えてくれるのですね。まずはめでたし、めでたしでした。

2007.08.26

建替え

5月の読売新聞にでていたが建替え円滑化法を利用しての建替えが全国で32棟にとどまっているそうな・・・
とくに団地型の棟数の多いマンションは4/5以上の賛成を得るのは難しいことだろう。老朽化が進みすぎると住民が少なくなるし、 早めに修繕して長持ちさせるのか建替えの方向で行くのか検討しておいたほうが将来のためよさそうな気がします。
その為にはマンション管理士をうまく活用して戴きたいと思います。

2007.06.19

天井、壁のクロス

一般的には10年前後での貼り替えを希望される方が多いようですが、マンション内ではそれぞれの各家庭で張替えされるケースが多いようです。
ホームセンターなどに行けば素人でも張替えができる接着材付で手ごろな値段のクロスがあるようです。日曜大工のお好きな方はお試しされたら如何でしょう。

2007.04.28

笛吹き童子

昔NHKでこの名前の連続ラジオドラマがありました。(古いですね)
今回は笛吹きサッシュです。どこからともなく、ヒュウ、ヒュウ又はピー、ピーとなる音が気になります。 窓サッシュの隙間から入ってくる隙間風の音です。レンジフードを強運転すると当然汚れた空気を排出しようと するのですが入ってくる空気量が足りないのでこの現象が起こります。
解決するには窓を少し開ければ止まります。

2007.03.18

給水管の更新

給水管は大きく分けて判断すると33年以上経過しているマンションは白ガス管という鉄管(内部コーティイングなし) それ以降は概ねビニルライニング鋼管を使用している分譲マンションが多いと思われます。さて私論ですが前者は 鋼管内部及びネジ部(継ぎ手)もかなり肉厚等も薄くなっており、赤水の発生が頻繁におき料理等に支障が出てきます。 このような配管にコーティングをかけても大地震がきてポキっとおれないとも限りません。 更新の費用より安いのは確かですが、それこそ品物にたとえると安物買いの銭失いになる可能性が高いと思います。
せっかく高価な金額で修繕をするのですから、もっと広範囲にわたり検討をして今後は建物が壊れるまで使用したいものです。                             

2007.02.12

セパレータ
 ページ先頭へ戻る