給水管更新,マンションの設備,増圧ポンプ交換,マンショントラブル解決,給水排水ポンプ交換,設備コンサルタント,大規模修繕工事設計・監理

[給排水管の更新・更正]

給水管の更新

給水管の更新の御案内をさせて頂きます。
数多い実績で対応させて頂いております。

更新の目安は配管に時々赤水色がでてきた時が交換の時期です。
給水管(ビニルライニング鋼管)は約30年経過すると、ねじ部がやせ細って赤水がでるケースが各所のマンションで発生しております。
上記症状の発生しているマンションは更新をお勧めします。
経過20年未満の給水管は更生すればあと20年は使用できるようになります。
経過30年以上の給水管は更生より、更新をお勧めいたします。その理由は古い配管に更生しても せいぜい持って15年です。しかも更新 の6割の費用が世間相場です。この事を考えてもすぐお解かりになるはずです。 ライニング更生業者と管理会社の価格を検討する必要もあります。

給水管更新のお勧め(共用部)配管材料

SUS 管
ステンレス鋼管(施工性がよくて、費用もお手頃で衝撃にも強い半永久使用)
HIVP管
耐衝撃性塩化ビニル管(ビニル管を改良したもので、衝撃等に強く費用も手頃です。)

下段は抜管のサンプルです。

給水管更新抜管写真

下図は2現場の経過20年のメーター周りの写真です。写真下部の6枚の写真のマンションは更生方法を選択して工事を行いました。このマンションは傷みがさほどでないので、メーター廻りの配管だけを更新しました。 住居部分は内視鏡でかなりの箇所を見た結果損傷はほとんどないので住居部分は個人財産でもあるので今回 工事は行いませんでした。
写真ブルー色の強いマンションは更生方法を選択しました。所謂ライニング鋼管の上をさらにライニングをかけた 再ライニングです。 赤さびがひどかったのと、継手のライニングが剥離がひどい為、当社は管理組合の選択は正解と判断しております。

下図の所見

直管部は肉厚がしっかり残っているが継手の多いメーター周りの管は継手の腐食がはげしく赤水の発生が頻繁にでる状態になる。

対策案

このような状態の時、赤水が毎日発生している訳ですから、まずは内視鏡検査と抜管の併用調査工事 をお勧めします。
内視鏡だけでみても配管の肉厚(厚み)がどれだけ残っているかはだれもわかりません。
検査をしないで管を洗浄してライニングをかけても、ねじ部の切断損傷がいつ起きるとも限りません
このような施工はお薦めできません。
抜管してご自分の目で確認すれば納得がいくはずです。
下記の写真は2017年1月施工の某ビルの共用給水管です。築30年です。
30年を目安に更新をしたほうがいいですね。但しビルの条件に依りけり。

 ページ先頭へ戻る
2017年1月赤坂某ビルの水道メーター二次側 同左拡大サンプル。

費用
抜管(3世帯)と復旧費は20万円位です。
下図のように加工すれば30万円位です。

日野市設備工事 日野市設備工事
某マンションの113号室のメーター内の20mmのスリース弁を二つ割したものです。 同左の別住戸(210)のメーター廻りの部分配管の抜管サンプル。
同上2部屋のスリース弁の二つ割りしたもの上記はライニングコアが挿入別住戸はコアが挿入されていない。 同左の半割の反対部分の拡大写真ライニングコアが挿入されている。
某マンションの113号室と410号室のメーター内の20mmの配管を二つ割したものです。 上部の弁にはライニングコアが挿入下図の弁にはライニングコアがない為ネジ部の損傷が激しいのが解る。
酸洗い前: 半割りにしたサンプリングの片側を拡大して撮影(90°エルボ) 酸洗い前: 半割りにしたサンプリングの片側を拡大して撮影。ねじ部がかなり腐食している。
酸洗い後: 半割りにしたサンプリングの片側を拡大して撮影。エルボの左側がライニングの剥離で錆が出ている。 メーターBOX内: 給水管2次側(メーターの後)のサンプル管継手がさびていて赤水が頻繁に出ます。
酸洗い後: 半割りにしたサンプリングの片側を拡大し撮影(90°エルボ) 酸洗い前: 半割りにしたサンプリングの片側を拡大撮影(90エルボ)ねじ部が腐食している。

給水管更新の例(下部の写真)

ここの現場は書くまでもなく、赤水が頻繁にでる状態でした。
更新前の使用管材料白ガス管でした相談は無料にて対応させて頂きます。
更新後はビニルライニング鋼管(VLP-VB)2009年11月施工してサンプルをとりました。

下段の写真はめずらしい白ガス管の給水管です(使用年数約35年):

都内のある工場と研究所ですが、竣工年月日が不明約35年。竣工図に完成日記入なし 詳細断面です。給水立管50mm
上段は揚水管です。高架水槽へ水を上げる配管です。継手がほとんどないので内部は給水管よりきれいです。 右側は給水立管125mmです。最上階の給水管です。ねじ部から漏水しており補修の後が見受けられます。
 ページ先頭へ戻る
セパレータ

排水管の更新

交換、更生(再生)の目安

雑排水管(白ガス管)は30年以上使用のものは配管内にスケール等が付着して配管口径が小さくなってまいります。 詰まり、漏水の原因となるので、早急の手当が必要です。

更新、更生の判断

抜管とマイクロスコープでの調査後でないと判断はつきません。どのような使用が多かったのかにもよります。

例: ・油をよく流していた。
   ・お茶ガラをよく流していた。
   ・独身者が多かった、家族が多かった
・・・といったように、様々な環境で痛みは違ってまいります。
実物検査をしてみなければわからない理由は、そこにあります。

同上の調査

マイクロスコープ検査と抜管調査の併用をお勧めします。
理由はマイクロスコープで視た場合内部はきれいに見えても腐食状態は判断できないので、抜管調査がそのため必要となります。

費用

両方実施して20万円から30万円前後です。管サイズによって材料が違うからです。

◎判断にお困りの時は、メール等を頂ければアドバイスいたします。
 多摩プランニングが長年培った技術でお手伝い致します。

◎ メール: tamaplanning2641@nifty.com まで

セパレータ
 ページ先頭へ戻る