本文へスキップ

多摩プランニングは多摩地区(日野市、八王子市、立川市)を中心に建物・設備の施工補修を行う設備工事会社です。

TEL. 042-583-9680

〒191-0002 東京都日野市新町1-6-7 センチュリー日野201

確かな技術と豊富な経験 スマートな住環境の整備をご提案します

多摩プランニング(有)は多摩地区(日野市、八王子市、立川市)を主な営業域とする設備工事会社です。

TOPICS

  • 主な取扱業務: 多摩プランニングは主としてマンション・ビル等の給排水工事、空調工事、電気工事を得意とする設備工事会社です。
    増圧ポンプ交換、給水ユニット交換、排水ポンプ交換その他、給排水設備工事の更新、劣化診断は実績のある当社にお任せ下さい。
    給湯器交換も承っております。
  • 主な営業地域: 東京多摩地区(日野、八王子、立川)及び近隣都市が主な商エリアです。また東京都内の工事も承っております。
  • 強み: 多摩プランニング(有)の強みは自社で全て(建築・設備工事)ができる事です。
    多摩プランニングの技術者は設備業界で必要な資格をすべて持っております。依頼されるお客様は要件が一度で事足り、また仕事と金額もきっと満足される事と自負しております。
    設計から施工まで、小さな会社ですが確かな技術で大きな信頼を得ています。

建物・設備診断

多摩プランニングはリニューアルを得意としております。リニューアル工事ではお客様にわかりやすい工事をモットーに、設備診断は下記の要項で進めていきます:

  • 1次診断調査
    建築・設備劣化診断は、BELCAの基準に準拠し、一次診断レベルにより建物の経年確認と、竣工図面等、ヒアリングによる修繕履歴、現地目視調査による現場確認により、専門会社としての判断を行います。機器の(流量、圧力、温度等)をチェックするとともに、使用状況や不具合についてもチェックと動作試験を行います。 その結果問題点や詳細調査が必要な箇所がすぐ解ります。
  • 2次診断調査
    1次診断で出た詳細調査必要箇所について、機械器具や計測器を用いてさらに調査を行います。必要に応じて配管抜管調査や機器分解調査なども行います。問題点とリニューアルの必要性について所見をまとめた診断書及び提案書を作成し提出します。リニューアル工事提案書を基にリニューアルの方針をお客様と打ち合わせの上決定します。
    永年設備専門会社とゼネコンで培った技術は皆様に貢献できると自負致しております。(給水ポンプ、増圧ポンプ交換、空調機交換、給水管、排水管の更新等)是非お声をかけて下さい。

FEATURES

  • 【営業品目(一般ビル、マンション他)】
    1. 給排水衛生設備工事(増圧ポンプ交換、給排水管更新、給湯器交換)
    2. 空調設備工事(冷暖房工事、換気工事)
    3. 電気設備工事(電灯、照明、コンセント、セキュリティ等)
    4. 大規模修繕工事の設計及び監理、監督業務
    5. リフォーム工事(キッチン、トイレ、洗面)
     (給水,排水ポンプ、換気扇、給排気ファン交換、受水槽交換等)
    6. 同上付随の建築工事 他
    リフォーム及び修理に関する事は相当数の経験をしています。きっとご満足いただけることと自負しております。
  • 【営業エリア】
    東京多摩地区及び東京都内と近隣都市:
    八王子市・日野市・立川市・多摩市・昭島市・国分寺市・国立市・府中市・小金井市・小平市・三鷹市
    東村山市・東大和市・武蔵村山市・稲城市・調布市・武蔵野市・西東京市・東久留米市・清瀬市・福生市・羽村市・青梅市・あきる野市・町田市
    東京23区・杉並区・練馬区・新宿区・中野区・世田谷区・板橋区・豊島区・北区・文京区・墨田区・江東区他
    埼玉県: 新座市・朝霞市・さいたま市・川口市・志木市・所沢市・狭山市
    神奈川県: 横浜市(青葉、緑区)・相模原市・大和市

お見積り・ご相談は無料で対応いたします

●メールでのお問い合わせは:  tamaplanning2641@nifty.com まで


INFORMATION

マンション管理士としての活動

多摩プランニングはマンション管理士としても活動しています。建物・設備の諸問題はもとより、マンション管理組合が抱える諸問題をいかに解決すべきか、長年培った経験と知識を生かしてご相談の要請にお応えしています。

以下のサイトもご参照ください。


NEWS新着情報

2017年6月26日
サイトをリニューアルしました。

バナースペース

増圧ポンプと加圧ポンプ

1.増圧直結方式
(増圧ポンプ=水道直結方式)
水道メーターと直結で増圧ポンプを使用所謂受水槽なし、高架水槽なし、水道管に直接接続のポンプを増圧ポンと呼びます。
このポンプは受水槽が必要ありません。

2.圧力タンク使用方式
(加圧ポンプ=受水槽方式)
ポンプに圧力タンクがついている。加圧ポンプには受水槽が必ず必要です。

給水管更新時期

改良の目的と使用管材
・マンション(ビル)はメンテナンス上手にを行えば80年間使用できます。
・給水管の材料は、今後50年使用可能な管材を使用するべきです。
給水管の更新時期は築30年経過で考慮するべきです。その際、施工性とコストを考慮して決定します。外壁の化粧もいいのですが、ライフラインの整備はより重要です。

給水管更新工事

国土交通省では給水管更新の時期を30年を目安に推奨しています。
しかし、これはあくまでも一般的な目安で各マンションの給水管の使用管材や、メンテナンスのやり方によっても差が出ます。新築時に配管のねじ部に錆止めをきちんと塗ってある配管は長持ちをしています。給水管のねじ部に錆止めを塗ってないと錆が促進させて、更新時期も早くなっております。

給水管の更新時期を知るには抜管テストが一番解りやすい手段です。費用もそれほどかからないのと、管の断面、管の残存厚がよく解ります。費用は若い方の一カ月分の給料くらいです。

給湯器交換

日野市の給湯器交換は多摩プランニング(有)が馳せ参じて作業を行わせていただきます。ガスふろ給湯器の取り替えや湯沸かし器の設置取付けなどのお悩みはお任せ下さい。ノーリツ・リンナイ・パロマ・ガスターなど給湯器メーカーは問わずご相談ください。

多摩プランニング有限会社

〒191-0002
東京都日野市新町1-6-7 センチュリー日野201

TEL 042-583-9680
FAX 042-513-8680